今夜は皆既月食

今夜は皆既月食なんですね。
(知らなかった(笑))

インド占星術を学んではいるけれど
「今日は月がきれいだな〜」とときどき眺める程度で、
普段は月の配置とかまったく意識していないのですが(笑)

昨日、青山先生からのメルマガで
今日の皆既月食のことについて少し書かれていたので
気になってチャートを出してみました。

インド占星術では
日食・月食(月と太陽の交点)は、
ラーフとケートゥがそれにあたります。

今回の皆既月食、
ラーフ・ケートゥ軸はさそり座と牡牛座の軸で
月と太陽が近い状態にあることで起こるという見方。

ちょっと話がそれますが・・
私たちのカラダには、
ナーディというエネルギーの通り道があります。
(72,000もあるそうです)

そのなかで特に重要なのが、
正中(背骨の前方)のスシュムナー、
左側のイダー、右側のピンガラ
の3つと言われています。

確か(ヨガ的な見方では)
スシュムナー:正中(背骨の前方)、精神性の成長、霊的覚醒
左側のイダー:月、女性性、副交感神経
右側のピンガラ:太陽、男性性、交換神経 等々
と関連する(と習ったような・・)

余談だけど
イダーとピンガラの交点がチャクラと言われる場所。
そしてクラニオでもスシュムナーは重要な正中線の
一つとして捉えています。

月食に話を戻すと
ラーフ・ケートゥ軸は、
精神性の成長や霊的な覚醒につながる
エネルギーの通り道であるスシュムナーと
関係があるそうです。

そして、ラーフ・ケートゥ軸と
イダー(月)とピンガラ(太陽)とが
重なった状態にあるのが月食(日食)です。

スシュムナーと関係するラーフ・ケートゥ軸、
そしてイダーの月とピンガラーの太陽、
それぞれが特別な形で絡む月食の時というのは
私たちの精神性の成長等々に強い影響を与えるので
瞑想など、静かに過ごすのが良いとされています。
(ヴェーダやインド占星術では、です)

月食のときは、
イダー(月)とピンガラ(太陽)両方の
エネルギーがスシュムナーに入りやすくなるって
ことなんだろうと思います。

チャートをみても
月とケートゥは、さそり座・12ハウス。

惑星の配置のフィーリング的にも
いまのご時世的にも
自分の心に向かう瞑想的な過ごし方が
しっくりきそうです♡

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です