声でからだの波を整える〜マントラ

もう2週間以上も前になってしまいましたが、
すご〜く久しぶりに”マントラ”のWSに参加しました。

yogaの練習前、
必ずチャンティングしていた
時期もありましたが、

最近はスタジオにいくこともめっきり減って
好きなマントラをときどき聴いたり
心のなかで詠唱したりする程度。

久しぶりに
”声”に出してみると・・

やっぱりいいもんだなぁ♡
としみじみ。

マントラは、
日常のなかで絶え間なく沸き起こる
いろんな思考や感情(manas)から
わたしたちを護り、解放する
YOGAのプラクティスのひとつです。

正しい発音で、音を響かせることで
思考や感情によってざわついた
波をしずめ、おだやかに整えてくれます。

そしてその波紋は
空間全体へと広がっていきます。

先生によると、

正しい発音、意味、意図を持って
おこなうことがとても大切で、

素直であればあるほど、
マントラは響きやすいそうです。

先生とみんなの音に心地よさを感じながら
はじめてチャンティングしたときのことを
なつかしく思って

どんどん音(声)の世界に
引き込まれていく
新しい年のはじまりにぴったりな
新鮮で神聖な時間でした。

帰りにみた懐かしい134号線からの夕焼け

とても印象的だったのは
nao先生のさいごのほうに
ぽろりとこぼれた言葉♡

「本気で祈る」

本気で祈って何になる?
どうせ私なんかが祈っても(届くはずはない) etc..

そんなふうに
自分と世界を分離していたり、
本気でやることに対してハスに構えていたり
どこかでバカにしてたり・・

それは愛する人に本気になって傷つくのを恐るのと
同じ気持ちだったりして・・

自分もずっとそうだったなあ。
と思いながら
チャンティングしていると

カラダのなかのざわざわが消えて
すーっとしずかに
自分の中心が整っていくようした。

毎回108回は無理だとしても
短いマントラ3回なら♡

自分のために。
大切な人を想って。
自分を護ってくれている自然界、神々を想って。

#Three summer’s Yoga は大好きなミカさんの七里ガ浜のスタジオ。
#遠く離れてから通い出す(笑)
#nao先生、また会いたい♡
#波がじゃぶじゃぶでクラニオできないときはマントラを♡

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です