なにもしない。

「ほんとうに触れてるだけなんですね」

クラニオのセッション後に
よく言われること。

昨日も今日も言われました。

継続して受けられている方も数回経ってから
「ほんとうに触れてるだけですか?」
と聞かれます。

そうなんです、
なんにもしないんです。

カラダはいつどんなときでも
その人にとって、そのとき最適な
”健康”へと向かい続けています。

クラニオバイオのセッションでは
たとえ「痛みがあるところ」に触れていても
そこをどうにかしようとすることはなく、
その”力”に働きかけることを
やり続けています。

健康へと向かう力が、
制限されることなく
自由に、のびのびと、
十分に発揮できるよう、
安全で安心な「場」を広げていくのが
私たちのお仕事、
と言えるかもしれません。

違う言い方をすると
その力がやろうとしていることを邪魔しない。

私たちの小さな正しさが
カラダの叡智に敵うはずもなく、

そのことを目の当たりにして
ひれ伏すこと度々・・・m(_ _)m

だから、
なにもせず
カラダのなかで起こり続けていることを
触診しつつ、見守りつつ、
応援する。

そこに居続けることが
唯一やっていること、
と言えるかもしれません。

なんのジャッジも、
なんの批判も否定もなく、
矯正されることもなく、
存在まるごと肯定的に見守られるって
生まれたての赤ちゃん以来の体験かも(笑)

セッション終わりに感じる
安心感に包まれたような
柔らかくて優しいあの感じは
そこから生まれるのだと思います。

なにもしないでいてもらえることの
幸せな感じ。

日常でもそうありたい
と思う毎日です。

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です