痛みはヒーリングの入り口

「痛みはヒーリングの入り口」

というのは、ジャック先生の言葉

この言葉を聞いたとき、自分の「膝」がピクっと反応した。

 

高校生の頃に大怪我をした左膝。

もう何十年も経っているのに、いまだに痛みが出たり、ときには歩くのも辛く感じることがある。

そんな痛みが出るとき、同時に自分を責めるような気持ちになっていることに気づく。

「もっと大事にしてあげたらよかった」とか。

「無理して酷使しすぎた自分が招いたこと」とか。

そんな自分にちょっと苦しさを感じることもある。

 

痛みと苦痛は違う。

痛みはカラダからの反応。

苦痛はマインドが作り出したもの。

それはわかっているけれど、痛みが出ると、まるで条件反射のようにマインドからの苦痛が湧き上がってくる。

 

それでも、「痛みはヒーリングの入り口」であることを何度も何度も経験しているから

もう一人の自分は「大丈夫」と言ってくる。

これも痛みと向き合うことで得られるギフトの一つ。

 

ボディワークをすることは、誰かに手を差し出しながら、自分との関係性を深めてくれる。

「痛み」とちゃんと向き合えば、それはほんとうにヒーリングの入り口になる。

ただ触れるだけでカラダは喜んで「何か」をしはじめる。

それを経験するたびに「カラダはいつだって良いほうへ向かう力を持っている」ことを実感する。

それをお伝えすることは、自分自身への問いかけにもなっている。

 

嫌なことから逃げたがるマインドと

ちゃんと見てほしがっているカラダ。

こうして分けてみることができるようになるのもボディワークからのギフト♡

 

雨と湿気が多くなるこの時期は、痛みが出る日が多くなってくる。

わたしにとっては、カラダとちゃんと向き合って、関係性を深める良い機会。

ただ手を添えるだけのシンプルで、温かくて、優しいタッチセラピー。

誰かを癒すこと、自分を癒すこと、その両方に惹かれる方に♡

クラニオバイオ・1dayイントロダクションセミナー。

 

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です