自分にも愛のある親切さと慈愛を

親しい人たちとの
何気ない会話の
何気ない一言に
チクっと傷みを感じて

そういえばこの感じ、
前にもなんども経験していたな
って気づいた最近の出来事。

そのときも今回も
相手に対する不快な気持ちもあったけど
それよりも
その場をヘラヘラとやり過ごしている
自分の振る舞いに
情けないような、悲しいような、
なんとも言えない気持ちになった。

ほかにも・・

”自分はこういう人で、
こんなふうに思ったり
感じたりしていて
こんなことが出来ます”

みたいなことを話すのが
自分はとても苦手なんだなぁっと
感じることが続いていて

いや、最近じゃなくて
ずっとそうかも⁉︎
それはいつからだろう?
って考えて一人モヤっとしていたり。

いつになく
ちょっと暗めな日々を過ごしています(笑)

なんの躊躇もなく
”わたしはこういうヒトです”
とか
”わたしは○○がわかる、できる”
と言えるヒトを目の前にすると
なぜか胸がざわざわする。

このざわざわこそ
自分のなかにある”何か”と
繋がっている。

ここにも
”穴=失ったもの”
があるのね、と。

”穴”の発見が止まりません。
(だから暗め(苦笑))

ヨガで学んだインドの古い哲学では
”私たちは完璧さをもって生まれてくる”
と言われています。

完璧さというのは
至福、喜び、愛、勇気・・etc.

でも残念なことにそれらは経験とともに
マーヤ(幻想)というヴェールに覆われて
隠れて見えなくなって
いつからか
意識からも忘れ去られてしまうそうです。
(たしかに・・)

でも、それらは
消えて無くなるわけじゃなくて、
隠れて見えなくなっているだけ。

それは取り戻すことができるもの。
(そのためには、Do YOGA♡)

その教えの本質的なことが
いま、ようやくひしひしと
身に染みて理解できるようになったのは
とても嬉しいこと☆
ではあるけれど先は長そうです。

その穴の一つひとつを見つめつつ
そんな自分にこそ
もっともっと
愛のある親切さと慈愛の心を♡

もっと
クラニオとアロマいっぱい受けて
もっともっとヨガの練習しよう!

と思った夕方の散歩でした。

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です