それを忘れるくらいに

ボランティア歴15年という
お父さんのような
人生の大先輩から
ぽろりとこぼれた言葉。

「ボランティアをやってることを
忘れてるくらいがちょうどいいんだよ」

「何かを学ぼうとか
覚えようとか、
何かをしてさしあげるとか、
そんなのはね、全然いらないの」

「ボランティアとは
そういうものだよ」と。

はぁ〜。
ここでもやっぱりクラニオ♡

その方の佇まいが
とても心地よくて
一緒に作業していると
ほんとうに安らげる。

静かに
黙々と淡々と
声高に何かを主張することもなく
どこにいても存在感があって
安心を広げてくれるヒト。

not doing but being.

この言葉はその方そのもの。
そして
クラニオバイオそのもの♡

いつも心のどこかにあって
いつからか
指針のようになっています♡

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です