交通渋滞とカラダの流れ

今朝、
西湘バイパス通行止めで大磯周辺は大渋滞中!
とお知らせしましたが、

午後くらいから
通れるようになったようです。
(よかった!)

夕方、散歩していたら
今朝まで大渋滞していた
134号線も、1号線も、駅までの道も
すべての渋滞が解消されて
スルスルと流れを取り戻していました。

たった一本の道が通るだけで
一気に流れが生まれる。

すごいもんですねー。

今日、クラニオしたせいか、
カラダもまったく同じだなぁ
と思いました。

触れはじめ、
シーソーのように左右に揺れながら
行ったり来たりくっきりしなかった
タイドモーションが

しばらくすると
一度、シューッと静まりはじめる。

そしてまた動きはじめると
あちらこちらで感じていた滞りが
ふわっと解消されて
流れはじめる。

どよ〜んと重く感じていた質感が
クリアになってくる。

そうるすと
流れだけでなく
カラダ全体に液質感たっぷりの
瑞々しさ広がってくる。

カラダのなかで仕事をするのは「液」。

って言われるけれど
ほんとうにそのとおりで、

街も流れが滞ると
車が長い列をつくって排気ガスで
空気が淀んで
ヒトの気分もイライラしているから
全体的にどんよりしてくる。

でも流れが一つできるだけで
その流れが違う流れにつながって
生き生きとした空気に変わってくる。

そんなことを思って
散歩してたら犬が不思議そうな顔で
こちらを見てました(笑)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です