そこにいること

自分自身のフェルトセンスを高めたくて
フォーカシングのセッションを受けています。

セラピー受けながら
学んでるって感じなんだけど、

やっぱり経験することって
ほんとうに大事だなぁと思います。

つくづく。。

どの瞬間も経験の連続だけど
テーマをもっていると
起こることも早いし、
体験することの質も変わるし、
気づきも深まるものだなぁと思います。

先生の話によると
世の中にはざっと200種類くらいの
セラピーがあるそうです。驚!

(身体に働きかけるもの、心に働きかけるもの、全部あわせてです)

心に働きかけるもののなかで
身体に意識を向ける方法をとるのは
フォーカシングだけなんだとか。

フェルトセンス
(まだ言葉やイメージならない
身体のなかにある「気になる感じ」)は、
フォーカシングという心理療法の
プロセスの中で使われるものなんだけど

このフェルトセンス、
クラニオワークととてもとても
相性が良いのです♡

クラニオのセッションでは
直接的にフォーカシングの手法を
とることはないけれど、

フェルトセンスを使って
クライアントとプラクティショナーとが一緒に
その変化の様子を辿っていくことがあります。

そのプロセスがほんと〜にすごくて
言葉で表現すると
さっぱり意味がわからない
てなことになるから書かないけど(笑)

問題はいつも心理的であるが、解決方法はスピリチュアルにある。

この言葉どおりのことが
(余計、意味がわからなくなる?−笑)
このリアルな身体のなかでいまこの瞬間に
起こっているのを
クラニオワークで何度も体験しています。

その度に
身体ってほんとーにすごい!と思うし、
意識ってなんなんだ?とも思うし、

何よりも
先人達が作り出した数々の技法って
ほんとうにありがたい♡
と思います。

それは確かなことだけど・・

それでもやっぱり
どんなセラピーでも一番大切なのは、
「テクニックではなく、ただそこにいること」
なんだと先生は言ってました。

(クラニオと同じ♡)

どんなあり方でそこにいるか。
それが一番大切だと。

セルフも含めて
セラピーの手法はたくさんあるけれど、
フォーカシングを学んでいると
癒しにはウォッチャー(観る人)の存在が必要で
そのウォッチャーのあり方がとても大事。
ってことがよ〜くわかります。

またもや
ココにたどり着いてしまいました。

不思議なことに
自分が引き寄せられるものは
ぜ〜んぶそこに行き着きます。

自分がいま
一番学ぶべきことなんだろうと
思うけれど・・

ふ〜・・
ゴールは全然見えないし、
道はまだまだ長そうです。



Follow me!

そこにいること” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です