帯状疱疹とストレスと。

もう一つのブログ(アメブロ)で、ずいぶん前に書いた記事、

帯状疱疹に効果のあった精油

「効果」があったって書いたらダメなんですよね;^_^A

3年以上前のこの記事がいまだによく検索されているようで、帯状疱疹に悩まされている方ってわりといるんですね。

一般的には高齢者の方がかかりやすいようですが、最近では年齢とは関係なく20代、30代の方でも発症する人が多いようです。

 

 

帯状疱疹を発症する一番の原因は「免疫力の低下」。

わたし自身、仕事の激務による疲労とストレスが原因で30代前半のころに帯状疱疹になりました。

(アメブロで書いたのは、夫が帯状疱疹になったときのことです)

あの焼けるようなチリチリする痛み・・・

思い出しただけでカラダの中心がぎゅっと硬く収縮するような感覚が戻ってくるのですが、痛みだけじゃなくドロっとただれるような皮膚の炎症は「ただ事じゃないな・・」と思ったことを思い出します。

 

その皮膚の炎症によい作用があったのが「ラベンダー(精油)」でした。

ほんとに驚くほどの速さで、炎症がおさまって傷のようになっていた箇所がみるみるうちに瘡蓋になっていくのを目の当たりにして、夫も驚いていただけれど、あらためて精油ってすごいなーと思いました。

今から思えば、ラベンダーが皮膚に直接作用したってこともあるけれど、芳香成分によるストレス緩和、疲労回復にもつながったんだと思います。

 

ストレスといっても全部が悪者じゃなくて、軽めの運動やストレッチなどによるカラダへの程よい負荷(ストレスや疲労)は、代謝があがって、体液の巡りもよくなって、気持ちもすっきりしてよい睡眠につながります。

身近な例ですが、何ごとも仕事優先(というか、仕事大好き)の夫が、週末の犬の散歩はちょっとした良い運動になって、ついでに平日に溜め込んだストレス解消にもつながっているようで、最近では「もう少し運動しないとな・・」なんて言い始めています^ ^

いくら好きでも、やっぱりストレスもたまれば、カラダも年々きつくなってくるわけで、そんな夫を眺めながら、ちょっとしたことで意識って変わるもんなんだな〜と思ったりします。

ストレス解消や疲労回復などの健康法はたくさんあるけれど、続けられなきゃ意味がない。

内容はもちろん、時間的にも、無理なく自分にあったものをいろいろ試してみるといいと思います。

 

 

アロマトリートメントやクラニオは、毎日受けられるものじゃないけれど(クラニオは毎日受けても大丈夫!受けたい方はぜひ♥)

カラダとココロを一旦リセットする良いきっかけになります。

「これからカラダとココロに良いことはじめたい」

そんなときにも利用いただけるといいな・・と思っています。

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です