篩骨のひみつ

あることをきっかけに
自分の左側の”篩骨”と”涙骨”のあたりに
違和感があることに気づきました。

白いほうが篩骨、
その前方の紫のところが涙骨。

ギュっと押し込まれるような
締め付けられるような
窮屈な感じが
ときどきあわられる。

そんな感じでした。

セッションで
そこに触れてもらったら
篩骨が呼吸をするように広がって
じゅわじゅわと潤いだして、
かいほう〜♡

セッション後、
頭蓋の膜全体が(特に大脳鎌あたり)
のびやかになって
尾骨のあたりのスペースが
広がる広がる♡

顔、特に眼の周辺がゆるむって
ほんとうに気持ちいい。

カラダのシステム的にみると
篩骨の上部は、
大脳鎌とつながって
頚椎から尾骨までを包み込む
硬膜システムにつながっています。

篩骨の運動は
尾骨の運動に影響するということ。

言い換えれば、
顔の上部から
おでこを通って尾骨まで
ぜ〜んぶつながってる。

ヨガで前屈を深めるときに
おでこをゆるめると良いって
よく言われますよね〜☆

逆にど〜んっと尻餅ついただけでも
正中のねじれや緊張をつくって
それが篩骨まで影響するってことです。

それ以外にも
篩骨の近くには
ホルモンの分泌やコントロールをする
下垂体や松果体があるし

スピリチュアルな見方では
ちょうど第6チャクラ、
第三の眼といわれるあたり。

そんなことから篩骨は、
機能的には生命維持に関わる部位で
精神性でいうと
人生のダイレクション(方向性)や
すべてのバランスの要
と言われるようです。

それが固まっていた?
・・・(恐)

第三の眼が開く?
その気配は全然ないけど(笑)

そんなことより
違和感や窮屈な感じがなくなったのが
とても嬉しいし
何よりも気持ちいい。

こんな微細な場所に
アプローチできる
リラクセーションワークって
ほかにはないかも⁉︎

セッションから数日経った今朝も
カラダの中心がシュッとして
伸びやかさが続いています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です